睡眠時無呼吸症候群の症状を改善【眠りの悩みを撃退】

近年疾患者数が増えている睡眠時無呼吸症候群【特徴をリサーチ】

どんな病気?

近年メディアでも多く取り上げられている病気が「睡眠時無呼吸症候群」です。眠っている最中に一定時間以上呼吸をしていない状況が代表的な症状です。ほかに、眠っていないときにも頭痛などの症状に悩まされるようです。

睡眠時無呼吸症候群の人が起きたときに感じる症状

  • 口が渇いている
  • 頭がズキズキする
  • 熟睡した感じがしない
  • 身体が重く感じる
  • 寝起きがよくない

睡眠時無呼吸症候群の症状を改善【眠りの悩みを撃退】

睡眠

専門医院を受診しよう

寝ている最中に呼吸が止まるだけが睡眠時無呼吸症候群の症状ではありません。起床直後には、身体のだるさや口の渇きなどがあります。また、起きているときでも倦怠感や疲労感が続いたり集中力が欠如したりします。人によってはうつの症状が現れる場合もあります。そのため、少しでも身体のだるさや疲れが改善できないなら一度専門クリニックを受診するといいでしょう。そうすることで身体の不調が改善できるかもしれませんよ。

相談

病院選びのコツって?

睡眠が関わってくる病気は、神経科や呼吸器内科などさまざまな診療科で検査できます。しかし、専門的な知識を有していないことも多いでしょう。そのため、睡眠時無呼吸症候群のためにクリニックを探しているなら「睡眠外来」や「不眠症クリニック」などの名前が付いているところを探しましょう。そういった名前のクリニックなら睡眠関係の病気に精通している医師が在籍しています。また、最近では「いびき外来」や「睡眠時無呼吸症候群専門外来」など睡眠関係の症状の中でも専門的な診療科が増えています。そういったところを利用することで、より症状の完治が早まりますよ。

専門医院に通っていた人の声を紹介

寝る人

不安がなくなりました

妻に眠っているときに時々呼吸が止まっていると指摘されました。その後、一応検診を受けることにしたんです。そしたら、軽度の睡眠時無呼吸症候群だと診断されたんです。そのあと、治療に専念しているうちに症状が改善されていったようで、なんだか気持ちが明るくなった気がします。

一度受診してみて良かったです

いくら寝ても疲れが取れずに悩んでいたんです。そんな状況がずっと続くと仕事に支障をきたすと思ったため、睡眠外来と書かれているクリニックを受診しました。そこで睡眠時無呼吸症候群と診断され、その後治療をはじめました。症状がすぐに改善されたので、よかったです。

広告募集中